アセット不動産 > 投資家ブログ > 長山 充世 > 「一棟アパート」の不動産投資のメリット・デメリットとは?

「一棟アパート」の不動産投資のメリット・デメリットとは?

日本は世界有数の長寿社会ですが、老後の暮らしは年金だけでは心もとないのが実情です。 史上空前の低金利で預貯金の金利は当てにならないので、安定収入の不労所得を私的年金として確保できれば安心です。 不動産投資は労働が要らないという意味では”不労”所得ですが、投資である以上、リターンだけでなくリスクもあるので、メリットとデメリットを知っておくことが大切です。  不動産投資というと、多額の資金が必要と思いがちですが、物件自体の資産価値を担保に借入金で購入し、家賃収入を返済に充てれば少ない自己資金で資産形成が可能です。  借入による不動産経営の最大のリスクが空室で、収入がなくても返済やメンテナンスの支出が必要になります。空室リスクに備えるのが、一棟アパート購入によるリスク分散効果です。  一部屋だけでは入居者の有無によって収入は0か100%のいずれかですが、一棟アパートの場合、入居率によって常にある程度の安定収入を見込むことができます。  一方、デメリットは、建物全体の老朽化なので、長期修繕計画を立てて計画的なメンテナンスを行うことが効果的です。

記事一覧