アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 「区分マンション」の不動産投資のメリット・デメリットとは?

「区分マンション」の不動産投資のメリット・デメリットとは?

区分マンションに対する投資には様々なメリットが存在します。
まず不動産投資ローンを活用することで、100万円程度の少額な自己資本から投資をすることが可能です。アパートやマンションを1棟購入する場合には多額の資本が必要になりますが、区分マンションの場合には自己資金が少なくても投資が始めやすいという特徴があります。
また借入額も1棟のアパートやマンションに投資する場合と比較して 少なく抑えることができます。さらに家賃収入は定年後の生活を支える重要な収入源となります。
一方で1棟の建物であれば自分の意思で自由に建替えなどが可能ですが、区分マンションは他のオーナーと建物を共有します。老朽化して建替えを行う場合に協議が必要となるなど、諸手続きが煩雑になる点がデメリットとして挙げられます。

最近の記事一覧

月別記事一覧