アセット不動産 > 投資家ブログ > 水田 賢作 > 不動産投資を始める前に学習しておくべき「地震・火災リスク」

不動産投資を始める前に学習しておくべき「地震・火災リスク」

不動産投資の問題点として災害リスクがあります。災害はいつ起こるか予測することができなくて、最悪の場合、物件を購入して家賃収入を得る前に起こって、収入ゼロのまま不動産投資が失敗になる場合があります。災害対策として考えられるのは、耐震性や耐火性の物件を購入して、災害が起こっても被害が軽微で投資が継続できるようにすることです。それでもリスクは無くなるわけでは無いので、物件を購入したら、いつ地震や火災の被害に遭っても大丈夫なように地震保険や火災保険に加入すべきです。保険では被害に遭っても全額回収できませんが、丸ごと損することは避けられます。また保険料は経費として認められますから、確定申告時には保険料も申告して税負担を軽くすることをお勧めします。

記事一覧