アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 老後も安心!不動産投資で得られる“私的年金”の仕組み

老後も安心!不動産投資で得られる“私的年金”の仕組み

不動産投資は初期費用の住宅借入金を確定申告の控除枠で節税しながら、借入金完済後は定期収入を産む固定資産となるお得な資産運営術です。
毎月の家賃収入は不労所得として老後の私的年金の代わりになり、生命保険などの給付期限のある私的年金と違って入居者がいる限りは終身年金と同じ仕組みで受けとれます。
株式投資などは、ある程度まとまった額で投資しなければ収益につながりませんが、不動産投資は住宅借入金や建築物の修繕費、管理費用など全てが確定申告の控除対象なので少額から始められる投資です。
賃貸している不動産は、借りている側の借地権が発生するため預金や株式に比べて贈与税や相続税が低くなり、子孫への節税対策にもなります。

最近の記事一覧

月別記事一覧