アセット不動産 > 用語集 > は行 > BERとは
不動産投資用語集

BERとは

BERとはBreak Even Ratioの略称で損益分岐入居率の事を言います。(別名Break Even Point、これを略してBEP、損益分岐点とも言います。)これは運営費OPExと年間元利返済額ADSを合計した金額である総潜在収入GPIに対する比率で総潜在収入をカバーする為には幾らまでなら空き室率は大丈夫かという黒字と赤字の分岐点を定める為の指標でBE%とも呼びます。計算式は BER=(OPEx+ADS)÷GPI となっており、この数値が高い程ゆとりが少なくなり、リスクが高くなっていきます。(一般的には目安となるBERの数値は70or80%以下。)このBEPを下げる為の方法としてはローン返済額や経費を減らす、家賃を上げる等が代表的な方法として挙げられます。BERとはBreak Even Ratioの略称で損益分岐入居率の事を言います。(別名Break Even Point、これを略してBEP、損益分岐点とも言います。)これは運営費OPExと年間元利返済額ADSを合計した金額である総潜在収入GPIに対する比率で総潜在収入をカバーする為には幾らまでなら空き室率は大丈夫かという黒字と赤字の分岐点を定める為の指標でBE%とも呼びます。計算式は BER=(OPEx+ADS)÷GPI となっており、この数値が高い程ゆとりが少なくなり、リスクが高くなっていきます。(一般的には目安となるBERの数値は70or80%以下。)このBEPを下げる為の方法としてはローン返済額や経費を減らす、家賃を上げる等が代表的な方法として挙げられます。

新着記事

記事一覧