アセット不動産 > 用語集 > あ行 > ADSは利息と元金返済額の総計です
不動産投資用語集

ADSは利息と元金返済額の総計です

ADS(AnnualDebtService)は年間元金返済額と年間利息返済額を足した1年間の返済額で、年間元利返済額の略称となっており、金を借りている間金利が上がればADSが上がる仕組みになっています。返済する方式には元利均等返済と元金均等返済の二通りがあり、一般的にマンション・アパートの返済では前者が採用されています。元利均等返済では利息の占める割合が多いので元金の減るのが遅くなるデメリットがあり、元金均等返済では当初は返済額が多く返すのがしんどいものの、ローン終了に近付くと少なくなっていくメリットがあります。二つのどちらかが適しているかについては、貨幣の時間的価値を考えればどちらも金額的なメリットに変わりはないため、今と未来の自分の仕事のスタイルを見据えた上で、どちらにするか決めていくと良いです。

新着記事

記事一覧